メインイメージ画像

医療と保険における関係を様々な事例から考える

医療と保険は密接な相関を持っていて医療と保険はとても関係があります。その保険は、主に費用に関わってきます。多数の方にとって最も身近なものは、いわゆる健康保険になります。国民の方の殆どが加入しているタイプですが、それに加入をしていると費用が安くなる訳です。最近では、その負担の数字は30パーセント程になっています。ちなみにその数字は今後変わる可能性があります。



その他にも種類があり、例えば保険会社が販売している商品で、いわゆるがん保険などがそれに該当しますが、前述した健康保険などに比べると負担割合が高いタイプになります。そもそも医療行為の一環として入院になる場合もあるのですが、入院時にはとても多くの費用がかかります。1日あたりの料金が1万円以上になるケースも珍しくないです。しかし、前述のガンに関わる商品などの場合、かなり大きな保険金が出るケースが一般的です。入院1日につき、1万円ほど支給されるケースというのが多いです。

また、ガンに特化しているタイプの場合は、先進治療などを受けた時に更に多くのお金がおりる事もあります。

その他にも、企業に在籍をしている方々の殆どが加入している保険もあるのです。医療機関などで治療を受ける時に、稀に仕事上のケガですか等と質問される事があります。特に整形外科などでは、そのように質問されるケースが非常に多いです。というのも、様々な仕事の中には身体をアクティブに使うものもあります。

このような仕事では、たまに骨折などが生じる事があるのですが、このような会社では、従業員の方々に対して保険に加入させているケースが極めて多いです。従業員に万が一の事態などが発生した時に対する保険で、大抵は医療費の全額を負担してもらえます。いわゆる労災と呼ばれる保険なのです。

このように、医療費用に関連する保険には様々なタイプがある訳ですが、各々特徴も違います。現在の医療業界ではガンの発症率なども高まってきているので、前述のがん特化型の商品に興味を覚えている方も増えています。

更新情報