メインイメージ画像

医療や健康について幼い頃から考える時間をつくるのは有意義です

ここ数十年は特に顕著ですが、医療が進歩したことで、平均寿命が伸びてきています。特に日本は、平均寿命が国際的にもトップレベルに長い事で知られております。もちろん、食料などが安定的に供給されており、安全な環境が整っている状態である事も長寿の実現の要因には間違いありませんが、やはり長寿の最大の要因は、健康を長く保てる医療技術にあると言えます。海外には、健康的に生を全うする事さえ困難な国もあるわけですから、日本人は、先進的な医療を甘んじて受けられる、日本という国で生まれただけで幸運であると言えます。

日本は高齢化社会などとして知られていますが、最近では健康的な高齢者が増えています。

以前は、高齢者ともなれば医療機関にかかりきりというのが普通でしたが、今は60代でも健康的に仕事をこなしている人が少なくありません。年金収入だけで生活するよりも、自分で働いてお金を稼ぐ方が満足感もありますし、これから働き続ける高齢者は増えるでしょう。医療が労働人口の増大に貢献していると言えます。ただ、医療によって健康が長く維持できるからと言って、ひたすら長生きを続けて良いのかという問題はあります。病院に長く入院して生きるのと、自宅で短く健康に生きるのと、どっちが良いかという話です。

現代では、どのような医療を受けるかを個人が選べられるようになっています。単に長く生きるというのではなく、健康的に生きるという視点を持つ事も肝心です。

また、現実的には医療にかかるお金の問題もあります。働いて一生涯に稼ぐ事のできる金額には限界がありますし、無論、医療にかけられる予算も限られてきます。

自分の健康のために、どのぐらい医療に費用をかけられるか考えてみる必要はあります。もちろん、医療に頼るのみではなく自分で健康を守る意識も必要です。

幼い頃から老後を意識し、体を苛めないようにケアしていれば、安い医療コストで長く健康的に生きる事ができるのです。若いうちは、医療や健康というテーマについて考える機会は少ないため、学校教育において医療や健康についてもっと考える場を用意する必要があるでしょう。

更新情報